動画配信のABC

動画配信サービス11社の特長と、配信されている人気アニメ一覧

投稿日:2018年1月16日 更新日:

動画配信サービス11社の特長、配信アニメを紹介!

ニコニコ動画の特徴・配信しているアニメは?

ゲオTVの特徴・配信しているアニメは?

Videomarket(ビデオマーケット)の特徴・配信しているアニメは?

Hulu(フールー)の特徴・配信しているアニメは?

U-NEXT(ユーネクスト)の特徴・配信しているアニメは?

Amazonプライムビデオの特徴・配信しているアニメは?

FODプレミアム(エフオーディープレミアム)の特徴・配信しているアニメは?

ドコモアニメストアの特徴・配信しているアニメは?

Netflix(ネットフリックス)の特徴・配信しているアニメは?

auビデオパス(エーユービデオパス)の特徴・配信しているアニメは?

dTV(ディーティーブイ)の特徴・配信しているアニメは?

目次

ニコニコ動画の特徴・配信しているアニメは?

数ある動画配信サービスの中でもコメント機能やユーザー数で圧倒的な人気を誇るのがニコニコ動画。特に日本国内で高い人気を誇る動画サービスで、その分アニメの配信にも大きな力を注いでいます。

ではそんなニコニコ動画という動画サービスの特徴と実際に配信されているアニメをご紹介します。

ニコニコ動画の特徴は?

一般的なアニメ作品を鑑賞するだけがニコニコ動画の良さではなく、他では決して真似できない独自の機能がふんだんに備わっているのがニコニコ動画。一風変わった特徴こそがここが選ばれるポイントで、まさに一見の価値ありとなっています。

ニコニコ動画の特徴1、「コメント機能」

ニコニコ動画を象徴する特徴は「コメント機能」。YouTubeといった大手動画サービスでもコメント機能は備わっていますが、ニコニコ動画は少し変わっており動画が流れる画面上に表示されます。

これによりどの瞬間にどんなコメントが流れたかが一目で分かり、1人で見ているにも関わらずまるで多くの人と交流しながら見ている気分を味わえるようになっているのです。ニコニコ生放送では文字通り生配信による放送が行われ、このコメント機能がより一体感を醸し出しています。

ニコニコ動画の特徴2、「多ジャンルの探しやすさ」

アニメはもちろんテレビゲームから素人制作の動画、音楽など非常に多数のジャンルを抱えるニコニコ動画。ジャンルの多さは他サイトよりも群を抜いて多い、ということはなく至って平均的です。しかし動画検索という部分においては他よりも頭1つ抜きんでており、動画をピンポイントで探すには非常に優秀。

様々なジャンルがあるからこそ探しやすさを追求、サイト内のジャンルごとのランキングなどで常に人気の動画が注目されるので流行に敏感な方には使いやすいサイトです。

ニコニコ動画の特徴3、「動画以外の機能が満載」

ニコニコ動画、という名前ながら動画以外にも様々なジャンルの使い方が存在します。代表的なものが生ライブを行う「生放送」。その他、イラストなどを専門的に扱う「静画」にブロマガなど多ジャンルであり多機能であるのがニコニコ動画の自慢すべきところです。

インターネット上で活躍する多くの人が集結し活動、国内でもユーザー数はトップクラスの動画サービスであり常に誰かが何かを発信しています。暇つぶしとして見ていると、意外なクオリティの作品に出会えるなんてこともあるかもしれません。

ニコニコ動画で配信されているアニメは?

では実際にニコニコ動画で配信されているアニメをご紹介します。いずれも話題作、人気作ばかりでアニメファンならば是非注目しておきたいものです。

ニコニコ動画配信アニメ作品

「銀魂.」
「Dies irae」
「サンリオ男子」
「ポプテピピック」
「まめねこ」
「中二病でも恋がしたい!」
「CLANNAD」
「鬼灯の冷徹」
「みなみけ ただいま/おかえり/おかわり」
「ナナマル サンバツ」
「ひとりじめマイヒーロー」

男性アニメファンも女性アニメファンも納得の作品ラインナップ。ニコニコ動画は「全話配信」、「第一話無料配信」など作品により配信方法も変わってくるのでまずは気になる作品のチェックが必要です。

各社月額比較はコチラ

ニコニコ動画公式サイト

ゲオTVの特徴・配信しているアニメは?

人気レンタルビデオ店であるGEOが展開していた動画サービス「ゲオチャンネル」が2017年の春の終わりにサービスを終了。それに伴い新たにGEOから始まったのがこの「ゲオTV」です。

レンタルビデオ店が送るサービスということもあり充実したラインナップが揃う中、数多い国内動画サービスの中でゲオTVは一体どんな特徴を持つのでしょうか。

ゲオTVの特徴は?

人気動画サービスが立ち並ぶ中、ただ特徴もなくサービスを開始するということはありません。やはりこのゲオTVにもいくつかの特徴があり、他との差別化を図っています。その気になるゲオTVが持つ特徴をご紹介します。ゲオならではの特別プランでゲオTVを楽しんでみてください。

ゲオTVの特徴1、「無料コーナー」

ゲオTVの公式サイト内に存在する「無料コーナー」の文字。ここへ入るとなんと期間限定で一部の動画を無料で鑑賞することができるのです。ゲオTV利用の際は専用のIDが必要で、このIDさえ持っていればゲオTVへ登録していなくても利用可能。

つまり実質誰でもこの無料コーナーを体験することができるのです。他動画サービスが送る「無料トライアル」とも言えるこのコーナーを使わない手はないでしょう。気になったらまずは体験、せっかく無料なんですから使ってみないと始まりません。

ゲオTVの特徴2、「ゲオTV 980」

「980」とは月額の利用金額。980円と聞くと少し高いと感じてしまうかもしれませんが、映画やアニメなどの作品が主流の国内動画サービスの中でもアダルト作品が見れるのはここを含めても非常に貴重。

全体の作品数は約13,000本となっているので、980円でこれだけの作品が見放題と考えれば決して損は感じないはずです。無料コーナーの設置に加え、全ての作品が楽しめるこの「ゲオTV 980」でも無料トライアル期間を設定しているのでとにかくまずは体験してみることをおすすめします。

ゲオTVの特徴3、「レンタル店ならではの特典」

やはりゲオTVの特徴として一番目玉となるのはもともとのサービスであるレンタル。動画サービスではどうしても最新作の配信が難しいのですが、そこはゲオが持つ実店舗が補います。でも動画サービスで月額料金を支払いながらレンタル料金を払うのは億劫、そんな方のためにゲオTVでは度々店舗で使えるレンタルクーポンを配布しています。

期間限定のキャンペーンなどでその都度クーポンを配布し、動画サービスとレンタル店を併用。普段からゲオをよく利用する方ならこの方法で旧作も最新作も網羅できちゃいます。

ゲオTVで配信されているアニメは?

ゲオTVで配信されているアニメ作品は実はあまり豊富ではありません。中にはテレビ放映の直後に配信する作品もあるなど、人より先に鑑賞したいという方に強くおすすめできますが、アニメに絞って鑑賞したいと思っている方にとっては満足できるランナップではないでしょう。そんなゲオTVの送るアニメ作品の中から人気作品をご紹介します。

ゲオTV配信アニメ作品

「魔法使いの嫁」
「ボールルームへようこそ」
「戦国BASARA」
「ジャングルの王者ターちゃん」
「ぼのぼの」
「デビルマンレディー」
「Hのじかん」
「GANBA ガンバと仲間たち」(アニメ映画)

アニメ作品が少ないのはアニメファンには物足りない所、しかしゲオTVは他ではなかなか見る事のできない「Vシネマ」や「アダルト」「アイドル」などのジャンルが揃っているので他の部分で満足感を得られるようになっています。

アニメも見ながら、他ジャンルも楽しみたいという方におすすめの動画サービス、このマニアックな世界に浸るのも楽しみの1つかもしれません。

各社月額比較はコチラ

ゲオTV公式サイト

Videomarket(ビデオマーケット)の特徴・配信しているアニメは?

多数の動画サービスが軒を連ねる中、国内最大規模の作品数を誇るのが意外にもこの「Videomarket(ビデオマーケット)」です。その数なんと約190,000本。

アニメはもちろん映画、バラエティなど多岐にわたるジャンルの作品を配信し、もはや見れない作品など存在しないのではないか、なんて感じてしまうほど。そんな膨大な作品をよそに今回は本動画サービスの特徴と配信されているアニメ作品をご紹介します。

Videomarket(ビデオマーケット)の特徴は?

Videomarket(ビデオマーケット)の大きな特徴は配信本数。大手動画サービスでも50,000本に届かない所がある中で190,000万本という数が尋常ではないことが分かります。しかしこれだけの本数を配信できるのにはしっかりとした理由があり、それがここの特徴にもなっています。その特徴を見ていきましょう。

Videomarket(ビデオマーケット)の特徴1、「見放題は別料金」

多くの動画サービスが基準となる見放題プランを用意する中、ここVideomarket(ビデオマーケット)では見放題プランは別コースとなっている不思議な設定となっています。

つまり基本的には有料コンテンツがほとんどを占め、このサービスで一番安いコースには見放題作品の鑑賞は含まれていません。見放題作品を見ようと思えば、それより上のプランを選択しなければならずその数は約20,000本。

この動画サービス内の総数と比べるとかなり少なく感じてしまいますが、中にはお宝が埋まっている可能性があるかもしれません。

Videomarket(ビデオマーケット)の特徴2、「2つの料金プラン」

見放題作品を見るには別料金が必要、ということは最初に設定する料金プランも1つだけではありません。2つのプランが用意されており、1つは有料コンテンツだけとなる「プレミアムコース」。

もう1つが有料コンテンツ、見放題作品を鑑賞できる「プレミアム&見放題コース」となっています。基本的にはプレミアムコースで付与されるポイントを使用しての動画鑑賞となり、その都度作品によってポイントを支払います。

足りない時、まだまだ見たい時は追加購入することでポイントを獲得、動画の鑑賞に当てることができます。

Videomarket(ビデオマーケット)の特徴3、「豊富なジャンル」

本数の多さはそれだけ取り扱うジャンルが多いということでもあり、他では見る事の出来ないジャンルの動画も揃っています。Videomarket(ビデオマーケット)の自慢は映画やアニメに加えて、スポーツやグラビアなどの動画も揃っているところ。

さらにはレッスン動画というものもあり、趣味としての鑑賞から実際に学ぶことまでできる動画の域を超えた動画サービスです。ただ映画を見るだけでは満足できない、そんな方にはおすすめの動画サービスとなっています。

Videomarket(ビデオマーケット)で配信されているアニメは?

国内アニメ作品はもちろん海外アニメ作品も多く配信しているVideomarket(ビデオマーケット)。中にはディズニー作品や近年人気を集める「ミニオンシリーズ」なども配信されますますその勢いを高めています。

今回は国内アニメに絞ってご紹介しますが、国内作品だけでもかなりの充実感を見せています。

Videomarket(ビデオマーケット)配信アニメ作品

「魔法科高校の劣等生」
「幼女戦記」
「斉木楠雄のΨ難」
「からかい上手の高木さん」
「バジリスク~甲賀忍法帖~」
「カードキャプターさくら クロウカード編」
「銀の墓参り」
「七つの大罪」
「刀剣乱舞-花丸-」
「北斗の拳」
「だがしかし」

「見逃し配信」による最新作の配信からレトロな雰囲気を感じる懐かしの作品まで幅広く配信しているVideomarket(ビデオマーケット)。インタネット上のサービスですが、若い世代だけでなく大人にも魅力を発信することができる全年齢向けの動画サービスとなっています。

各社月額比較はコチラ

Videomarket公式サイト

Hulu(フールー)の特徴・配信しているアニメは?

国内トップクラスのユーザーを誇り、その歴史もトップクラスなのがHulu(フールー)です。2017年の公式サイトの大幅リニューアルは良くも悪くも大きな話題となりましたが、それだけのシェアを持っていることも話題となる大きな要因。

豊富な作品に日本テレビが加わったことでより国内でのシェアを広げることに成功し、多くの人が期待するアニメ作品の配信にも注目が集まります。国内最大手となる動画サービスHulu(フールー)、その特徴と気になるアニメ作品をご紹介します。

Hulu(フールー)の特徴は?

基本的なHulu(フールー)の情報としては「完全月額制」が挙げられます。配信されている作品も洋画、邦画、海外ドラマに国内ドラマ、そしてアニメと目立った特徴は見えないかもしれません。しかしHulu(フールー)が国内最大手を名乗れるのには立派な理由があり、ただの動画サービスで終らないのがここが愛されるポイントになるのです。

Hulu(フールー)の特徴1、「日本テレビ協力」

2014年に本格的に日本テレビが協力することで、日本テレビとHuluのタッグは様々なところで実現しました。Huluオリジナル作品の配信や、見逃し配信なども充実。まさにその瞬間テレビで放送しているドラマを見逃しても、Huluがあれば悩む必要はありません。

そしてもちろんですがHuluは完全月額制なので何度だってその作品が見れてしまいます。さらにドラマだけでなくバラエティ番組にも力を入れており、年末の定番となりつつある「ダウンタウンのガキの使い」シリーズなども配信されています。

Hulu(フールー)の特徴2、「リアルタイム配信」

「リアルタイム配信」とはその名の通り、通常の地上波配信のように決まった日時に配信されるというものです。リアルタイムということもあり配信される作品はいずれも最新作ばかり。

中には「ウォーキング・デッド」のように日本最速での配信となる作品もあり、最新作を心待ちにしている人には堪らないチャンネルとなるはずです。

残念ながらこのチャンネルは別料金こそ取られないものの、すぐに配信終了してしまいます。実際のテレビ番組と同じような感覚で見るのがいいでしょう。

Hulu(フールー)の特徴3、「Huluプレミア」

Huluには完全月額制と謳いながらプレミアと名の付いたチャンネルが存在します。もちろんこれは名前だけ、実際には別料金が取られることなく鑑賞可能です。では一体どんな作品が配信されているのか、それは「日本初上陸」となる作品。

つまりここHuluでの配信が日本で初めてとなるまさにプレミア付きの作品なのです。「マジシャンズ」「シリコンバレー」などクオリティの高い作品も多く、その上やはりプレミアと聞けば見ないわけにはいきません。

Hulu(フールー)で配信されているアニメは?

アニメも国内ドラマ同様に見逃し配信を行うなど力を注ぎ、さらに話題の作品も数多く登場しています。そんなHuluが送る人気アニメ作品をご覧ください。

Hulu(フールー)配信アニメ作品

「おそ松さん」
「三ツ星カラーズ」
「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
「マギ」
「花田少年史」
「ノーゲーム・ノーライフ」
「がっこうぐらし!」
「妄想代理人」
「進撃!巨人中学校」
「3月のライオン」
「這いよれ!ニャル子さんW」

アニメ作品の豊富なラインナップはアニメファンなら一見の価値あり。人気作品を完全網羅しながら、小さい子供も安心して見れるキッズアニメも多数揃える事でアニメの総数は動画サービス内でもトップクラスを誇ります。話題のアニメを心行くまで楽しみたい、そう考えるならHuluがおすすめです。

各社月額比較はコチラ

Hulu(フールー)公式サイト

U-NEXT(ユーネクスト)の特徴・配信しているアニメは?

配信作品の総数110,000万本超えというこちらも国内最大規模となる動画サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」。ここでも見放題作品とレンタル作品の2種類を取り揃えており、最新作と旧作の使い分けがしっかりと行える動画サービスとなっています。

動画の総数が多いと言うことはそれすなわちアニメ作品の豊富さを物語っています。気になるアニメ作品の内容と、U-NEXT(ユーネクスト)を使うべき特徴をご紹介します。

U-NEXT(ユーネクスト)の特徴は?

U-NEXT(ユーネクスト)の大きな特徴は月額料金に現れています。動画サービスは安い所では500円~、高い所でも1000円ほどの月額料金となっていますがU-NEXT(ユーネクスト)の月額料金は税抜きの1、990円。

お世辞にも安いとは言い難い価格ですが、もちろん見るところは価格だけではありません。価格が高いのにはそれなりの理由があり、それだけサービスが充実しているということ。これからご紹介する特徴である程度は納得できるのではないでしょうか。

U-NEXT(ユーネクスト)の特徴1、「ポイント制」

U-NEXTでは毎月1度、1,200円相当のポイントが付与されます。このポイントは有料コンテンツを鑑賞する際に使用するもので、作品1つ1つに設定されたポイント分消費することで鑑賞できます。

さらにこのポイントはU-NEXT内だけでなく、一部の映画館でのチケット購入に充てることもできるのです。家にいるだけがU-NEXTではなく外でも活用することができる幅広い使い方が可能となっています。

もちろん追加で購入することも可能、有料コンテンツとがっかりする人もいるでしょうが使い勝手は多岐に渡る便利なシステムです。

U-NEXT(ユーネクスト)の特徴2、「高画質対応」

まだまだ家庭用で4K画質は行き届いていないこの時代に、率先して高画質を取り入れたのがU-NEXT。ブルーレイディスクと同等の1080pはもはや当たり前となりつつある中で、それ以上の画質となる4Kを一部デバイスで対応をはじめています。

4K対応作品もまた一部となりますが、いち早く高画質を楽しむことができます。同時に映画館と同程度のサウンドを聞くことのできる「ドルビーオーディオ」も導入。こちらもまた対応デバイスや作品が限られていますが、家にいながら映画館並みの動画を楽しむことができます。

U-NEXT(ユーネクスト)の特徴3、「プロが選んだ自慢の特集」

U-NEXTのトップページを見るといろいろなジャンルに合わせて特集が組まれているのが分かります。「アクション」や「ホラー」といった定番の特集から「公開からまもない最新作!」といった、その瞬間の最新映画に合わせた関連作品の特集など多岐に渡って興味深い特集を組んでいます。

今何が流行っているのか、これから何が始まるのか、流行りや人気、話題作が一目で分かるようになっている使いやすさもU-NEXTの自慢の1つ。困った時はそのトップから選んでみるというのもアリかもしれません。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信されているアニメは?

U-NEXT自慢の特集はアニメ作品にもしっかりと対応しており、アニメのジャンルだけでも多数の特集が組まれています。制作会社、原作者、100話以上の超ロングランなどその特集だけでも目移りしてしまいます。そんな多彩な特集の中から選りすぐりの人気作をご紹介します。

U-NEXT(ユーネクスト)配信アニメ作品

「FAIRY TAIL」
「鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST」
「ブラッククローバー」
「citrus」
「天元突破グレンラガン」
「ReLIFE」
「たくのみ。」
「血界戦線&BEYOND」
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
「ワンパンマン」
「弱虫ペダル」

ここで紹介したのはほんの一部。国内最大規模とも言える豊富なラインナップで見ても見ても減りません。これはアニメファンからすれば嬉しい悲鳴、是非全ての作品を網羅してほしいものです。

各社月額比較はコチラ

U-NEXT公式サイト

Amazonプライムビデオの特徴・配信しているアニメは?

日本だけでなく世界的人気を見せる通販サービスAmazonが送る動画サービス、それがAmazonプライムビデオです。年々人気を高めAmazonプライムビデオのオリジナル作品も登場するなど常に話題の真ん中に位置しています。

日本からはダウンタウンの松本人志率いる多数の芸人達が登場する「ドキュメンタル」も話題に上がっています。動画の数も年々増え、肝心のアニメ作品もますます豊富になっています。ではAmazonプライムビデオが自慢する特徴を紹介、そして最後に配信されているアニメ作品を紹介します。

Amazonプライムビデオの特徴は?

豊富なラインナップに目が行きがちなAmazonプライムビデオですが、特筆すべきはやはり通販サイトとの連携です。Amazonプライムビデオに契約するには月額400円、年間3,900円というプランに契約しなければいけません。

これを契約すれば動画はもちろん会員専用のサービスを受け取ることができるのです。それがこの動画サービスの最大の特徴です。

Amazonプライムビデオの特徴1、「通販サイトでもお得」

通販サイトAmazonを利用したことがある人なら分かるかもしれません。「急いで届けてほしい」「なかなか予定が合わせられない」、そんな要望に応えたのがAmazonプライムビデオの会員特典「お急ぎ便」です。

「動画を見るつもりがこんなサービスまでついてきた」なんて思う人もいるのではないでしょうか、急いで配達してほしい時にも日時を指定したい時にも使えるサービス。動画のラインナップももちろんですが、ここを外すのは非常にもったいないでしょう。

Amazonプライムビデオの特徴2、「Music、Photo、Reading」

動画と同様使い放題となっているのがこの3つ。Amazonプライムビデオに登録することで「Prime Music」で音楽が聞き放題、「Prime Photo」で写真を預け放題、そして「Prime Reading」でデジタル版の本が読み放題と夢のようなデジタル生活が待っています。

動画と合わせて活用することで、充実した私生活が実現することでしょう。動画をスマホにダウンロードすることもできるので、音楽や写真そして動画ともはや家の中だけが動画生活では無くなってきています。スマホにAmazonを入れ外に出る時代がやってきました。

Amazonプライムビデオの特徴3、「圧倒的な価格の安さ」

年間3,900円と聞いて尻込みしてしまう人もいるかもしれません、しかしよく考えれば月にすれば400円にも満たない金額です。一般的に500円~1000円、高いところではそれ以上の月額料金となる動画サービスのことを考えれば、この金額の安さが分かります。

さらに動画だけが魅力ではないことは既にお伝えした通り、それ以外の場面でも様々な使い方ができるAmazonプライムビデオは月400円以上の価値があると言っても過言ではありません。特に普段から通販をよく使うのなら大いにアリと言えるでしょう。

Amazonプライムビデオで配信されているアニメは?

動画以外のところで大きな力を発揮しているAmazonプライムビデオ、もちろんアニメだって負けていません。人気作、話題作が目白押しの豊富なラインナップ、そのごく一部となりますがご紹介します。

Amazonプライムビデオ配信アニメ作品

「いぬやしき」
「スラムダンク」
「ガールズ&パンツァー」
「あたしんち」
「Re:ゼロから始める異世界生活」
「少女革命ウテナ」
「ひぐらしのなく頃に解」
「月がきれい」
「機動戦士ガンダムSEED」
「笑ゥせぇるすまんNEW」
「Fate/Zero」

実は会員登録しなくてもレンタルという形で作品ごとに料金を支払い視聴が可能。しかしやはり会員になっていろんな作品を無料で見るのが一番Amazonプライムビデオを楽しめる方法です。新旧入り混じった多数のアニメが含まれているので、アニメ好きなら満足できるはず。

各社月額比較はコチラ

Amazonプライムビデオ公式サイト

FODプレミアム(エフオーディープレミアム)の特徴・配信しているアニメは?

徐々にオリジナル作品が展開を見せる動画サービス「FODプレミアム」。これはフジテレビが送る動画サービスで、サービス名は「フジテレビオンデマンド」の頭文字を取ったものです。

「FODプレミアム」の名で動画見放題サービスが開始したのは2016年のこと、まだまだ駆け出しのサイトですが既にいくつかのメリットとなる特徴を現しはじめています。

ですがまだまだ分からないこともたくさんあるFODプレミアム、このサイトの特徴と配信されているアニメ作品の情報をお送りします。

FODプレミアム(エフオーディープレミアム)の特徴は?

月額料金税別888円、懐かしのあの名作から最新作までを取り揃えながらそれだけを聞くと案外普通の動画サービスのようにも思えてしまいます。そんなまだまだ原石の状態のFODプレミアムですが、その特徴を良く見ると次第に輝きが増していくのです。

FODプレミアム(エフオーディープレミアム)の特徴1、「フジテレビ制作作品」

その名の通りフジテレビが送る動画サービスとなるのがこのFODプレミアムです。そのため配信される作品の多くがフジテレビ制となり、ドラマからバラエティまで安定した面白さを提供しています。

もちろん海外ドラマや海外映画なども揃っていますが、やはり目玉はフジテレビを代表する作品です。「踊る大捜査線」「ナースのお仕事」といった名作が揃っているので、もう1度あの感動を味わいたいと思う人なら大満足の動画サービスとなるでしょう。

FODプレミアム(エフオーディープレミアム)の特徴2、「絶賛放送中の話題作も配信」

今では動画サービスの目玉の1つともなっている「見逃し配信」にももちろん対応。フジテレビの中でも特別目玉となる「月9」も同様に見逃し配信に対応しているので、いつでも話題の新作に触れることができます。

せっかくの話題作も1度見逃してしまうとなかなか次を見る意欲が湧かないことも多く、せっかくの作品も途中で終ってしまいます。そんな時に役立つのがこの見逃し配信。もう最初からこの見逃し配信で見てしまう、なんていう贅沢なことだってできてしまいます。

FODプレミアム(エフオーディープレミアム)の特徴3、「雑誌のデジタル版が読み放題」

FODプレミアムの人気コンテンツの1つでもあり、月額料金とはまるで比例しないと言っても過言ではないサービスがこの雑誌読み放題。ファッション雑誌からニュース雑誌など多数の雑誌のデジタル版がいくらでも読み放題というお得なサービスとなっています。

もちろん最新号がその都度配信されるので、特に雑誌をよく読む方はもちろん普段あまり雑誌に目を通さない方なんかはよりお得感を得られるかもしれません。月額料金888円でいくつもの最新号が読めるとあれば動画以上に注目してしまう人もいるのではないでしょうか。

FODプレミアム(エフオーディープレミアム)で配信されているアニメは?

配信作品の中にはもちろんアニメ作品も揃っています。FODプレミアムへと登録するともちろん全作品が見放題。ではFODプレミアムのアニメラインナップはどうなっているのでしょうか。その一部をご紹介します。

FODプレミアム配信アニメ作品

「妖怪アパートの幽雅な日常」
「月曜日のたわわ」
「モンスターハンターストーリーズRIDE ON」
「舟を編む」
「ご注文はうさぎですか?」
「ワンピース」」
「東京喰種トーキョーグール」
「信長協奏曲」
「GTO」
「ブラックジャック」
「ハイキュー!!」

フジテレビのアニメ作品と言えば、と特定の物を思い浮かべてしまいますが意外にも多数の作品を取り揃えています。懐かしさと真新しさを兼ね備えた豊富なラインナップ、尽きる事のない作品に見飽きることはないでしょう。

各社月額比較はコチラ

FODプレミアム公式サイト

ドコモアニメストアの特徴・配信しているアニメは?

dアニメストア

携帯会社ドコモが送る動画サービス「ドコモアニメストア」、月額400円という低価格ながら話題の新作から名作まで幅広く作品を配信しています。名前を見て既に察した人もいるかと思いますが、ここで配信されているのはアニメ作品ばかり。まさにアニメファンのための動画サービスとなっています。

ドコモアニメストアの特徴は?

ドコモアニメストアが配信している作品はその数2、000以上。とはいえ、数字だけを見れば他の動画サービスと比較した時少し見劣りしてしまいます。しかしそれはこのドコモアニメストアの特徴を見れば納得するはず、決して損はしないはずです。

ドコモアニメストアの特徴1、「配信作品はアニメだけ」

ここで配信されている2、000以上の作品はほとんどがアニメ作品。その他歌手のライブ映像なども配信されていますが、アニソン歌手などアニメ関連のライブとなっておりまさにアニメ一色の動画サービスとなっています。

アニメファンのための動画サービス、そう考えると2,000以上という数字に実感が湧くでしょう。テレビシリーズから劇場版までとにかく日本中のアニメ作品を網羅し、アニメを配信する動画サービスの中では最高レベルのラインナップとなっています。

ドコモアニメストアの特徴2、「人気投票」

公式サイトのトップページを見ればどの作品が人気なのか一目が分かり、いち早く流行りを捉えることが可能となっているドコモアニメストア。さらにユーザーの人気投票などを行うことで、リアルタイムでどの作品に注目が集まっているのかが分かります。

年末には次の年のアニメ作品に向けた期待している作品への投票なども行われ、年代別、男、女など様々な目線で注目の作品を知ることができます。その瞬間、何が流行り注目されているのか、流行を捉えることもファンにとっては非常に大事なポイントです。

ドコモアニメストアの特徴3、「リクエスト」

アニメだけで2,000以上という膨大な数を誇りながらも100%網羅しているわけではありません。やはりそれだけアニメ作品というものは数が多く、一大ジャンルとして確立されているからです。日本をはじめ海外作品をも配信していますが、中にはなかなか取り扱いのない作品も存在します。

そんな取り扱いのない作品にも希望を見出せるのがここドコモアニメストアです。ここではユーザーからの「リクエスト」を受け付けており、希望が多ければ念願の配信が決定されることもあるのです。

ドコモアニメストアで配信されているアニメは?

アニメだらけの動画サービス「ドコモアニメストア」、その全てがアニメとなればまず何を見ればいいのか迷ってしまいます。そんな方のためにごく一部になりますが、ドコモアニメストアが配信しているアニメ作品を紹介します。以下を参考に実際に公式サイトを覗いてみるのをおすすめします。

ドコモアニメストア配信アニメ作品

「TIGER&BUNNY」
「ソードアート・オンライン」
「アドベンチャー・タイム」
「School Days」
「デスマーチからはじまる異世界協奏曲」
「ブレンド・S」
「学戦都市アスタリスク」
「化物語」
「ばくおん!!」
「夏目友人帳 陸」
「文豪ストレイドッグス」

話題の注目作からデイリーランキングで人気作をいち早く鑑賞しながら、サイトがその都度特集する作品を取り入れる。風変わりな特集も多く、「1月生まれのヒーロー」やその年の干支となる動物が登場する作品など、アニメ専門サービスならではの面白い特集が組まれています。

毎年多数のアニメが放送され、その都度このサイトも充実感を増し続ける。終わることのないアニメ天国とはまさにここのことでしょう。

各社月額比較はコチラ

ドコモアニメストア公式サイト

Netflix(ネットフリックス)の特徴・配信しているアニメは?

日本で大ブームを作り出したデスノートがハリウッド化されたことでも話題の動画サービス「Netflix(ネットフリックス)」。今勢いを増し続けるこの動画サービスは映画や海外ドラマの充実はもちろんアニメ作品も次々と配信されています。気になるそのアニメ作品とNetflix(ネットフリックス)の特徴を同時にご紹介していきます。

Netflix(ネットフリックス)の特徴は?

動画サービスとして定番の映画やドラマを配信しながら、オリジナル作品の制作も行っているのがここNetflixです。徐々に日本制作作品も増え、年々充実感を増しています。アニメ作品のご紹介の前に、まずはこのサイトが自慢する特徴をご紹介します。

Netflix(ネットフリックス)の特徴1、「充実したオリジナル作品」

「Netflixオリジナル」はもはや1つのブランドとしてこのサイトの目玉となっています。ドラマは各地で話題を集め、映画は映画館ではなくこのサイト限定公開という映画の常識を覆す動画サービスとして君臨しています。

ただのB級映画ではなく、ウィル・スミスのようなハリウッド指折りの大スターがオリジナル映画へと出演。最新映画が家で見れる時代が到来しつつあり、映画やドラマだけでなく新しい文化、新しい常識を作り出しています。

Netflix(ネットフリックス)の特徴2、「選べるコース」

ほとんどの動画サービスが1つのコースを打ち出している中、Netflixでは登録の際3つのコースから1つを選択することができます。3つのコースはそれぞれ月額料金が違い見れる作品に差はありませんが、「画質」や「同時視聴数」で違いが出ます。1つは複数同時視聴不可のSD画質コース650円。1つは2つまで同時視聴可能なHD画質コース950円。

そして最後の1つが4つまで同時視聴可能な4K対応コース1,450円。4K対応作品は一部に限られますが、自宅で超高画質が見れる貴重なコース。自分のライフスタイルに合わせて選択することができます。

Netflix(ネットフリックス)の特徴3、「世界最大級の動画サービス」

日本でも多数の動画サービスが存在する中、2015年に日本向けサービスが始まったのがNetflix。ますます勢いを増し、ユーザー数では世界最大を誇るまでになりました。その数6,000万人越え。

世界中が注目する動画サービスとあって次々と魅力的な作品が配信されています。既にNetflixオリジナル作品にはウィル・スミス、ブラッド・ピットなどが主演で登場。ドラマシリーズも話題を集め、女子刑務所を舞台とした「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」は多数の賞にノミネートを果たすなどブームを作り出しました。

Netflix(ネットフリックス)で配信されているアニメは?

オリジナル作品はNetflixの大きな目玉、ですがもちろんアニメ作品も充実しています。

Netflix配信アニメ作品

「Devilman Crybaby」
「デュラララ!!」
「日常」
「神撃のバハムート GENESIS」
「Fate/Apocrypha」
「四月は君の嘘」
「モブサイコ100」
「涼宮ハルヒの憂鬱」
「クジラの子らは砂上に歌う」
「王様ゲーム The Animation」
「ベルセルク」

まさに新旧入り混じったラインナップと言えるNetflixのアニメ作品、もちろんまだまだ配信されている作品は存在するのでその目で確認してみるのがいいでしょう。「Devilman Crybaby」はNetflixオリジナル作品として登場しているので、ここでしか見られない作品にも出会えます。

各社月額比較はコチラ

Netflix(ネットフリックス)公式サイト

auビデオパス(エーユービデオパス)の特徴・配信しているアニメは?

ドコモが送るdTVやドコモアニメストアのようにauが展開しているのが動画サービス「auビデオパス」です。月額料金562円(税別)を支払うことで観たい時に観たい作品が見れるのが楽しみの1つ。

そうこのauビデオパスができるのは動画の配信だけに留まらないのです。そんなauビデオパスの動画配信を含む特徴と、ここで配信されているアニメ作品をご紹介します。

auビデオパス(エーユービデオパス)の特徴は?

auビデオパスを語る上で外せない特徴を3つご紹介します。「auユーザー専用」「映画館でも使える」そして「ポイント制」。この3つを理解すればさらにお得感を得られること間違いなし。そしてその後はいよいよアニメ作品の紹介です。

auビデオパス(エーユービデオパス)の特徴1、「auユーザー専用」

国内のスマホキャリアでも高いシェアを誇るau。そんなauが展開するのがauビデオパスです。しかもこの動画サービス、なんとau会員専用のサービスとなっておりauのサービスを受けていない方はこの動画サービスを利用することはできません。

何故そんな閉塞的なサービスを展開するのか、そんな疑問も湧いてきそうですが既に多くのユーザーを持つau、会員専門となればそのプレミア感で多くの人が登録します。

そしてそのユーザー数の高さを象徴するように大手にも引けを取らない配信作品数、お得なプランが存在し人気サービスとして注目を集めています。

auビデオパス(エーユービデオパス)の特徴2、「映画館でも使える」

家の中だけじゃなく外でも使えるのがこのauビデオパスの面白いところです。サービスを登録しているauユーザーは毎週月曜日にトーホーシネマズにて割引での鑑賞が可能、大人料金1,800円がなんと1,100円になるというお得なもので、鑑賞料金に加えポップコーンセットが半額になるという特典も付いています。

月に4度の割引が可能でとなれば使わない手はありません。家ではauビデオパス、外では映画館で割引とどこに行ってもお得な動画生活が待ち構えています。

auビデオパス(エーユービデオパス)の特徴3、「ポイント制」

auビデオパスのもう1つの特徴は「ポイント制」の導入です。このポイント制は一部の動画サービスでも見られるもので、ここでは「ビデオコイン」として利用されています。最新作など見放題作品とは別で料金が発生する作品へと使う物で、別途発生レンタル料金にこのコインを充て鑑賞することが可能です。

コインは月に1度、540円分が配布されるので月に1度は他動画サービスより早く最新作を見ることができます。配信作品は配信終了となることもあるので気になった作品はお早めに。

auビデオパス(エーユービデオパス)で配信されているアニメは?

auユーザーへ送る限定サービス、auビデオパス。その中でも映画やドラマと肩を並べる人気コンテンツ「アニメ」のラインナップはどうなっているのでしょうか。auユーザーでありアニメファン、そんな方へここで扱っているアニメ作品の一部をご紹介。どれも人気作、話題作ばかりです。

auビデオパス配信アニメ作品

「ラブライブ!サンシャイン」
「蒼穹のファフナー」
「進撃の巨人」
「アイドリッシュセブン」
「ラーメン大好き小泉さん」
「黒子のバスケ」
「絶対可憐チルドレン」
「コードギアス 亡国のアキト」
「魔法陣グルグル」
「青の祓魔師」
「キングダム」

バラエティに富んだランナップでアクションからコメディまで取り揃うアニメ作品。見逃し配信にも対応しているのでリアルタイムで見ていた人も安心して鑑賞することができます。充実のラインナップはその都度増え続けるので、見過ぎても尽きる事はありません。

各社月額比較はコチラ

auビデオパス公式サイト

dTV(ディーティーブイ)の特徴・配信しているアニメは?

携帯会社ドコモが提供する動画サービスが「dTV(ディーティーブイ)」。一見するとドコモ専用なら大したことないのかな、なんて思ってしまいがちですがここで取り扱っている動画の本数はなんと驚愕の120,000本超え。

国内動画サービスの中でもトップクラスの品揃えとなっており、この存在を無視するには少々惜しいと思うはず。そんな国内最大級の動画サービス「dTV」の嬉しい特徴と配信されているアニメ作品をご紹介。

dTV(ディーティーブイ)の特徴は?

「ドコモ専用なら見る価値無し」、とここを去るのは少し待ってください。実はこのdTV、auビデオパスのようにauユーザー限定ではなくドコモユーザー以外でも利用は可能となっています。それがまずご紹介するdTVの特徴「ドコモユーザー以外も利用可能」というポイントです。

dTV(ディーティーブイ)の特徴1、「ドコモユーザー以外も利用可能」

dという文字が付いていながらそれ以外のユーザーにもサービスを提供する懐の深さを発揮、さらに月額料金は500円(税別)と低価格。加えて配信動画数は120,000本ともはやここを利用しない手は無いと言っても過言ではありません。

ドコモユーザーなら登録に必要なドコモIDを既に持っているはずなので登録は簡単。ドコモ以外のユーザーならまずはこのIDを取得する必要がありますが、もしFacebookのアカウントをお持ちならこちらを利用すればもっと簡単にIDの取得が可能です。

dTV(ディーティーブイ)の特徴2、「dTVオリジナル作品」

2017年に公開され大きな話題を集め大ヒットを記録した実写版映画「銀魂」。この作品のアナザーストーリーがdTVオリジナル作品として配信されています。dTVオリジナルとして他にも多くの作品が存在しており、ドラマ「不能犯」、バラエティ「ゴッドタン」など話題の作品が集結しています。

dTVだけでしか味わえない人気の漫画作品も多数配信。ドラマに映画、アニメに漫画と多数の作品に囲まれることになり充実感は他動画サービスを凌ぐものになっています。

dTV(ディーティーブイ)の特徴3、「倍速対応」

他動画サービスではあまり見かけることのないなかなか貴重な機能がこのdTVには備わっています。それが「倍速再生」。文字通り、再生速度を速めるものでただの早送りではなく、しっかりと映像と音を流しながら短い時間で楽しめるようになっています。dTVでは「1,5倍速」「2倍速」での再生が可能。

じっくりと風景やキャラクターの動きを見るには不向きな機能ですが、こだわりの無い人、時間の無い人、そして既に内容も知っているけどもう1度楽しみたい人など実はかなり需要のある機能なのです。

dTV(ディーティーブイ)で配信しているアニメは?

dTVでは王道作品から話題の作品まで幅広くアニメ作品を配信しており、全年齢が楽しめるようになっています。コアなアニメファンも子供と一緒に楽しみたい人も同時に満足がいくようになっているので、安心して選ぶことができます。そんなdTVの人気アニメ作品をご紹介します。

dTV配信アニメ作品

「ドラえもん」
「妖怪ウォッチ」
「ドラゴンボール超」
「頭文字D」
「ジョジョの奇妙な冒険」
「僕のヒーローアカデミア」
「スナックワールド」
「攻殻機動隊」
「ルパン三世」
「ミッキーマウス!」
「氷菓」

ジャンプなどの人気作品や誰もが良く知る王道作品がズラっと並びます。劇場版となるアニメ作品を含めるとアニメのジャンルはその数約600本。中には見逃し配信として配信される作品もあり、最新作から往年の名作までが揃っています。

各社月額比較はコチラ

dTV公式サイト

-動画配信のABC

Copyright© アニメを無料で視聴する方法まとめ , 2018 AllRights Reserved.